SSFC アライアンスについて

SSFC アライアンスについて

発足の経緯

近年、オフィスセキュリティは、組織の有形・無形の資産を守るため、そして個人情報保護法、会社法などの法規制に適合する意味からも、必須の要件となってきています。

SSFCとは、Shared Security Formats Cooperationの略で、ICカードを使った高度な企業内セキュリティシステムの実現を目的に、2005年2月に設立された企業アライアンスです。

わが国では、2001年に、交通チケットに非接触ICカード(FeliCa)が採用されたことをきっかけとして、企業のオフィスセキュリティ分野においても、入退室ゲート、プリンタセキュリティなどの分野で、非接触ICカードが急速に普及してきてきました。当初は、セキュリティ機器メーカーが、各社独自のICカードデータフォーマットを定義して、各メーカー専用のICカードが使われていました。しかし、ユーザ企業が新たに機器を導入するたびに、新しいICカードが必要になるなど、利便性の改善が、大きな課題として浮上してきました。

このような課題を解決するために、2005年初頭にカード製造・発行会社、セキュリティ機器メーカー、システムインテグレータなどを中心とする有志企業が集まり、複数のメーカーが共有できるICカードデータフォーマット(SSFCフォーマット)、および機器連携の共通仕様を策定することに合意、同年2月、SSFCアライアンスの発足に至りました。以後、参加企業は、SSFC仕様に適合したセキュリティ機器の開発に着手、45社以上の参加企業から、SSFC対応機器・システムが提供されています。

沿革

2005/02/07 SSFCを発足、第1回総会を開催(参加企業22社)。
2005/04/04 54社の参加規模になり、活動をニュースリリース
2005/09/10 セキュリティ産業新聞主催の座談会記事が掲載される
2005/09/14 自動認識総合展に12社が参考製品として出品。SSFC参加企業は75社に拡大
2006/02 業界ごとのSSFC仕様が承認され、参加企業による製品開発が開始される
2006/03/04〜03/10 ICカードワールド(東京ビッグサイト)で19社がSSFC対応製品を参考出品
2006/09/13〜09/15 自動認識総合展(東京ビックサイト)に合同出展
2007/03/04〜03/09 SECURITY SHOW(東京ビックサイト)に合同出展
2007/07/04〜07/06 オフィスセキュリティEXPO(東京ビックサイト)に合同出展
2008/07 SSFCアライアンスのカスタマーパートナーの中に、SIスペシャルカスタマーパートナー、ソフトウェアスペシャルカスタマーパートナーを発足
2008/08 SSFCアライアンスの中に、海外進出プロジェクトを発足。16社が参加。
2008/11 フランスのICカード&セキュリティの総合展示会、Cartes2008に有志企業7社が合同出展
2009/11 Cartes2009に、有志企業5社が合同出展
2011/03 SSFCプリンター統合管理サーバーの仕様策定を完了

組織

SSFCアライアンスの組織は、以下のようになっています。

  • ステアリングパートナー:仕様策定を行うメンバーであり、策定した仕様に基づき、機器開発も行います。
  • スタンダードパートナー:ステアリングパートナーが策定した仕様に基づき、機器開発を行います。

カスタマーパートナーは、SSFC機器を組み合わせたセキュリティソリューションを提案します。
SSFCコミッティは、4つの分科会の代表者、カスタマーパートナーの代表者、及び大日本印刷からの代表者、各1名の合計6名で構成されます。

SSFCへ加盟するには

SSFCへの加盟を希望される企業・団体様は、お問い合わせフォームにて、SSFC事務局にご連絡ください。

SSFC運営規約一式をお送り致しますので、内容に合意頂いた上で、専用の申込書をご提出頂きます。SSFC事務局内で一定 の審査の後、加盟許諾の連絡をさせて頂きます

海外メーカーの加盟について

現在、海外メーカーにご加盟頂く仕組みを構築中ですので、お問い合わせフォームにて、SSFC事務局に、お問い合わせ下さい。

SSFCの概要(英語ページ)もご参照ください。

その他のご質問は、お問い合わせフォームにて、事務局宛にお問い合わせください。

ページトップへ